本来、サブ的な映像である「B-ROLL」だけで作品に

B-ROLL(ビーロール)とはなんでしょうか?
もともと、B-ROLLはサブ的な映像という意味合いが強かったのですが、現在ではその流れが変わりつつあるようです。
海外では、動画クリエイターの間で、B-ROLLだけを使った映像が流行となっています。

本来、B-ROLLは「メーンの映像の間に効果的に挿入することで、作品全体をより臨場感のあるものにする」というもので、あくまでも主役はA-ROLLでした。
ところが、最近では上記にも記載した通りB-ROLLだけで、ひとつの作品を創り上げるという流れがあります。
撮影や編集には、様々なノウハウが必要とされますが、仕上がった映像に、素敵なサウンドデザインが施されると、本当に素晴らしい映像表現ができます。

お店のイメージや、取り扱っている商品のイメージなどを表現するには、最高の映像表現となります。

どんな感じの映像なのか、自宅のスタジオスペースで、簡単に撮影・編集をしてみました。(コンセプトは何もありません(笑))



100均のNAILグッズたちも、なぜが素敵に!(笑)

S-PROJECT

S-PROJECT

関わったすべての人たちの笑顔が見たい。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

ACCESS

  • 46現在の記事:
  • 4339総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP