撮影の思い出はもとより、家族と共に過ごしたこの時間自体が、新郎新婦の素敵な思い出に

例年より長引く梅雨の空模様が続く中、撮影日を迎えた若い二人の思いが、この日だけ晴れの天気を呼び込んだ。本当に奇跡だった。
2020年7月22日。撮影地は群馬県高山村にある「ロックハート城」(https://lockheart.info/
お二人の結婚の記念にと、この古城を舞台にしてスチールと動画撮影を同時進行で行った。
それぞれのシーンで、新婦が手にするブーケは、全て我チームに所属するアトリエ・ララ(http://atelier-lala.jp/)の作品。
二人の希望や、着用するドレスに合わせ、考えられたお花は、本当に自然な形で写真や映像にとけ込んでいた。
衣装替えやそれに伴うヘアメイクの変更などもあり、撮影はほぼ1日を費やしたが、両家のご両親も現場に来場してくださり、
撮影の思い出はもとより、家族と共に過ごしたこの時間自体が、新郎新婦の素敵な思い出となったことは、間違いないだろう。

どうぞ末永くお幸せに!

S-PROJECT

S-PROJECT

関わったすべての人たちの笑顔が見たい。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

ACCESS

  • 29現在の記事:
  • 4339総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP